学生はアイフルで申込む前にカードローンで学生が借りる条件をチェックしておこう!

 

アイフルで申込む前に学生の方はまずカードローンで学生が借りる条件を知っておかなければいけません。

 

 

  • 親の承諾書なしで申込むには20歳以上である必要がある
  • アルバイト・パートなどで安定収入が必要

カードローンで学生が借りる条件はたったこれだけです。年齢はどうしようもありませんが、親の承諾書を得てアルバイト・パートなどで安定収入があれば一応申込める学生ローンもあるようですが、カードローンに申込む相談を親にする学生はいないでしょうからあまり参考にはならないと思います。ただ、親の承諾を得て申込めるカードローンは怪しいところが多いです。

 

 

アイフルやプロミス・アコム・SMBCモビットでは年齢20歳以上と言うのが絶対条件になっています。


民法では20歳未満の未成年の契約は、保護者によって破棄できる事になっていますので、安心のカードローン業者は全て20歳以上と言うのが条件になっているのが現状です。

 

あとは安定収入ですが短期アルバイトでは安定収入と言うことが出来ませんので定期でコンスタントにバイトしていることが必要になっています。給与の金額はそれなりですが借りれる額は年収からして少なくはなってしまいます。ですが学生が借りたい額にはアルバイトの年収で十分でしょう。

学生が6万円借りて2万円ずつ三ヶ月で返済した時の利息を検証してみる

カードローンで学生が借りる条件が分かれば次にどこで借りるのがいいのか知っておく必要があります。なので利息の金額で検証してみました。

- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし初回30日無利息サービス およそ586円 およそ293円 およそ879円
三井住友銀行カードローン およそ715円 およそ477円 およそ238円 およそ1,430円
SMBCモビット およそ888円 およそ592円 およそ296円 およそ1,776円
アイフル およそ888円 およそ592円 およそ296円 およそ1,776円

※スマホではスライドして表をご覧ください
以上が検証結果です。あなたならどこで借り入れしますか?もうお分かりですよね^^

カードローンで学生が借りるのに適した業者

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
目次

学生がアイフルに申込む際は返済できるかどうかを考えてから

アイフルでは学生にも融資を行っており、一定の収入さえあれば誰でもお金を借りることができます。アイフルでは学生向けに制限を設けていることもあり、高額な借り入れは行えません。

 

しかしお金を借りられるというだけでもありがたいという所はあります。借りる際の注意点ですが、まず自分の収入を確保することが大切です。収入を持っていないのにお金を借りることはできません。アイフルもその点は厳しく見ていますので、借りるならばアルバイトで一定の収入を稼いでください(定期的な収入になるので長期的に収入を得ている事が必要になります)。その上で申し込めば、

 

 

限度額は低いもののお金を借りることができるはずです。


そして返済できる金額だけ借りることが必要とるので大量にお金を借りたとしても、返済できないようでは意味がありません。むしろ自分の首を絞めてしまうだけで、あまり良くないと思います。

 

アイフルからお金を借りる際には、必ず自分が返済できる範囲で借りることを考えてください。一応そうして制限は設けてくれると思いますが、それでも最終的な判断は自分でしなければなりません。また、

 

 

お金を借りる際に必要な証明書を必ず用意する必要があり、無ければ幾ら収入があったとしても、お金を借りることができません。


身分証明は学生証でも構いませんが、収入証明はある程度できるものを用意してください。アルバイトの給与明細などを持っていき、それを見せることで安定した収入だと証明することが大切です。

 

 

そしてもう1つ注意しなければならないことは、口座の引き落としで返済する場合は、ある程度余裕を持ってお金を入れておくことです。引き落としには利息も追加されますので、結構余計なお金も減りがちです。余裕の無い状態にしておくと、他の返済時にお金が足りませんという状態になります。

 

アイフルからお金を借りる際は、必ず自分の銀行口座に余裕を持たせてください。返済できる余裕さえあれば、仮にお金を借りたとしても返済を安心に行えるはずです。後は利用できるATMを知っていれば、学生でもアイフルを上手に使えると思います。その他プロミス・三井住友銀行カードローンも学生でも申込めるのでアイフルよりはそちらがお勧めですね。

 

 

編集部が申込んだ所アイフルの在籍確認も書類で確認を取ってくれることが分かりました。

アイフルは学生が使いやすいのか検証

学生がアイフルに申込むと親にバレてしまわない?

学生がアイフルに申込んでも親にバレてしまう要素はありません。なぜなら

 

 

20歳以上の学生しか申込めませんし、安定的なアルバイト収入がなければ申込めませんから、自身の与信で申込む事しかできないので親の与信に頼らないからです。


20歳未満の未成年の契約事は、民法5条1項により法定代理人(大抵の場合は親)により、その契約を取り消す事ができます。そのためアイフルでは申込の年齢制限を民法上単独で契約できる満20歳以上からとしています。

 

 

返済見込に関しても学生がしているアルバイトの収入を審査し、返済可能な金額しか貸しませんので返済に関しても親の収入に頼る必要がないのです。

未成年でも親の同意なしで貸す学生ローンには注意しよう

民法では際ほども述べたように、未成年の契約行為は、法廷代理人にて無効にする事が出来ます。未成年が契約するには、この法定代理人の同意を得る必要があります。

 

 

一般的に安全なカードローンの場合には20歳未満の未成年が契約できるものはありません。ましてや20歳以上でアルバイト収入があっても、学生というだけで申し込みが不可能なカードローンもあるくらいです。


ですが、学生専門の学生ローンと謳う小規模消費者金融の中には、未成年でも親の同意書不要と大々的に表記しているところもあります。正確には法律違反ではありませんが、親がこの契約は無効と言えば貸したお金が返ってこないリスクを負ってまで集客しているのには訳があります。

 

 

何らかの回収する手段があるのか、自身があるのでしょう。未成年の学生はそういった危ない橋を渡る前に、ちゃんと親に相談するか次のチャンスを待つかして、そういった業者に借りた先のことをしっかり考えて行動しなければなりません。

学生がアイフルに申込むと学校にバレない?

学生がアイフルに申込むのに学生証は必要ありません。仮に学生証が必要にしても提示するのに学校に連絡が行くわけではありません。アイフルに申込んだ後に、アイフルから学校に連絡が行く事もありませんので、

 

 

学生がアイフルに申込んでも学校にバレる由はありません。


学生がアイフルに申込む際に必要な書類

アイフルに申込む際に必要な書類は、社会人でも学生でも同じです。

 

  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど写真つきのものは単品でOK)
  • 本人確認書類の住所が現在の住所と違う場合は公共料金の領収書や住民票の写し・印鑑証明などが必要
  • 50万円を超える借入を希望する場合は収入証明書(源泉徴収票など)

以上ですが、学生の場合大抵は本人確認書類だけで申し込めるのが大半です。アイフルは消費者金融ですから年収の1/3以上はアイフルは貸せません。学生がアイフルから50万円以上借りようとすると、年収150万円以上月収にして12万5千円以上必要になりますので、学生には厳しい金額ですし、50万円以上も必要はないでしょう。

学生でも総量規制は関係あるの?

先ほども総量規制について出てきましたが、申込者が学生であっても総量規制はアイフル(貸金業者)側に適用されるものですから、関係なく適用されます。なので学生が借りれる額というのは年収の1/3以下ということになり、総量規制の対象外の銀行カードローンでは、更に小額の10万円〜30万円で制限するところや、学生申込不可のカードローンもあるくらいです。

 

学生でもアルバイト先に電話は掛かってくる?

継続収入を担保に信用で貸すアイフルなどの無担保ローンでは、収入が現在も継続収入であるかどうかを確認する為に、現在の職場に電話確認することになっています。もちろんこれは有担保ローンでもどんなローンでも行われる確認作業なので、もちろん学生の申込の際のアルバイト先にも在籍確認の電話が掛けられることになります。

 

アルバイト先に電話確認するといっても、

 

 

アイフルですがAさん(申込んだ学生)は働いてらっしゃいますか?


こんな感じで電話が掛かってくるわけではありません。アイフル以外のカードローンでも業者名やカードローン名を出して電話を掛けてくることはありません。

 

 

B(オペレーターの名前)と申しますが、Aさん(申込んだ学生)は在籍されてますでしょうか?


こんな感じです。これなら電話を取った方にも気付かれる事は少ないでしょう。しかしローンというローンは全てこういう風に職場に電話が掛かってくるものですから、電話を取る人によってはなんとなくベレ手しまうことはあります。また職場にカードローン業者から電話が掛かることは決して気持ちのいいことではありません。ましてやアルバイトというポジションなら余計にそういう風に思うかもしれません。

 

 

職場に電話が掛かってこない方法はないの?


 

プロミスならこの在籍確認の電話を別の方法で確認する相談ができます。


プロミスにネット申込後にプロミスに電話して相談するか、審査後にプロミスから掛かってくる電話の際に相談すれば大丈夫です。オペレーターが別の方法を案内してくれます。

アルバイト先に電話確認されたくなければプロミスで別の方法を相談しよう
申込 在籍確認の電話 無利息サービス 実質年率 借入可能額
プロミス 別の方法での相談が可能 初回30日無利息サービス※4 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 別の方法での相談が可能 初回30日無利息サービス※4 年4.5%〜17.8% 最高500万円

学生必見!土日祝日にお金を借りたいのならアイフルに申込むべき?

アイフルでも土日祝日にお金を借りることは可能ですが在籍確認が問題

20歳以上のバイトなどで安定収入がある学生が、アイフルで土日祝日にお金を借りることは可能です。金融機関が休みで振込が不可能でも自動契約機で即日カード発行が可能です。しかし、

 

 

土日祝日で在籍会社が休みだと、在籍確認が取れず、審査が営業日まで完了しません。


そういうことやその他のメリットを考えても土日祝日にお金を借りるならプロミスが有利です。

 

 

  • プロミスは在籍確認の電話を別の方法で相談することが可能なので会社が休みでも審査が完了する
  • 土日祝日で金融機関が休みでも三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座を持っていれば24時間最短10秒で振込可能(詳しくはHPで)
  • 金利がアイフルよりも低く初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので利息圧縮できる

>>以上のことから土日祝日にお金を借りたいのならアイフルよりプロミス

土日祝日の即日融資に不可欠な自動契約機

アイフルの自動契約機である『てまいらず』は全国に911台ありますので、土日祝日の即日融資の際に特に不便を感じる事はないかと思います。

 

 

ただもっと近くにあったほうが便利ですし、アイフルは右図のように『てまいらず』のBOXだけしか設置されていない箇所が431箇所、およそ半分がATMが併設されていない自動契約機になります。そうなると即日カード発行してもコンビニなどで借入しなければいけませんし、借入にATM手数料も掛かってきます

 

プロミスやアコムであれば必ずATMが併設されていますし、プロミスは三井住友銀行カードローンの自動契約機でもカード発行が可能なので、圧倒的に土日祝日の即日融資に有利になります。

 

土日祝日の融資の優位性が決まるアイフル・プロミス・アコムの自動契約機比較
申込 自動契約機設置台数 ATMのある店舗 金利 借入可能額
プロミス 1700台 1694台 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 1700台 1694台 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 約1,041台(平成30年4月現在) 約1,041台(平成30年4月現在) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
アイフル 911台 480台 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートフォンではスライドして表が見れます。
※2017年1月現在の台数です。

アイフルが学生を含む申込者に在籍確認を行う理由

アイフルでは融資を行う審査の段階で、申込者が在籍している会社に電話を掛けて確認を行う在籍確認を行っています。そもそもアイフルに限らず消費者金融の審査というものは、

 

 

返済できるかどうか?ということを判断することをひとつの目的としています。


それはもちろん学生であっても主婦であっても正社員であっても同じことです。在籍確認を行う理由は、その返済能力を測る上で最も基本ともいうべき「収入」に対して問題がないかどうかを確認するためです。

 

 

収入を得る方法が何であれ、どこかに勤めに出ている場合がほとんどでしょうし、勤めに出ているのであればそこで本当に働いているかどうかを確認するのは、お金を貸す側からすればむしろ当然のことですよね。

 

 

中には少しでも融資に有利な条件を引き出そうとして、実際には勤めていない一流企業の名前を挙げてみたり、あるいは現在は勤めていないけれども昔働いていた勤務先で申し込んでみたり、といった人もいる


そうなので、こうした情報の真偽を確かめる必要もアイフルにはあるというわけです。ここでいうアイフルの在籍確認とは、勤務先に直接担当者が電話を入れるという方法で行われますが、

 

 

この在籍確認については必須確認事項で、アルバイトの学生であっても回避することはできません。


しかし、プロミスではこの会社への在籍確認の電話を、別の確認方法でする相談が可能です。もちろんその場合の在籍確認そのものは違う方法で行われます。

 

会社には電話しない代わりに、そこで働いているという事実が証明できれば、敢えて電話連絡をしなくても在籍確認をしたことと同じだからです。要するに、その勤務先で本当に働いているかどうかを判断するのが在籍確認であり、電話連絡をするのは最も確実で早い方法なんです。

 

 

こうした証明をすることで会社への電話連絡による在籍確認を回避できる可能性があるのですが、その方法についてはプロミスに申込後に掛かってくる申込内容の確認の電話の際に相談すれば、教えてくれます。

 

もちろん既に他社から多額の借入を受けている等、状況によっては在籍確認のための書類を揃えても電話連絡を回避できないケースもあるでしょう。

 

アイフルについてもアイフル側で返済能力に問題がないと判断できれば、電話連絡での在籍確認についてはある程度融通がきくかもしれません。アイフルの学生に対する審査は20歳以上からということになります。

総量規制以降大手カードローン三社に水をあけられた感のあるアイフル

アイフルは消費者金融の大手企業のひとつで、数ある消費者金融業者の中では老舗ともいうべき存在です。さて、このアイフルにキャッシングの利用を申し込んだ場合、当然ながら審査が行われます。アイフルの公式ホームページによると、キャッシングが利用できる対象者として

 

 

満20歳以上で定期的な収入があり返済能力がある人


としています。この定期的な収入を得る方法については特に指定がなく、会社員でなくてもパートやアルバイト、自営業などでもキャッシングの利用を申し込むことができます。また、学生であっても

 

 

20歳以上であればアルバイトなどで収入を得ていればアイフルでキャッシングの利用を申し込むことが可能です。


そんなアイフルの審査ではどんな項目が確認されているのでしょうか。

まずもって収入の有無

まず最も基本的な情報として、申込をした人の年齢や勤務先、収入などが確認されます。とはいえ、これらはアイフルに限ったことではなく、

 

 

どんな消費者金融業者であっても確認する項目です。


審査の段階で重視している項目としては、どんな形態で収入を得ているか、ではなく、返済できるだけの素養を持っているかという点です。

 

そのため、アイフルでは審査において申込者が希望する金額の貸付が不可能と判断した場合、その人が返済できるであろう金額の上限を提案しています。たとえば現状で30万の融資は不可能だけれど、10万円であればキャッシングの利用ができますといった具合に、利用額の上限を調整し貸付を行っています。

 

 

その後、その人の返済実績などが積み上がることで、少しずつ上限が上がっていくという仕組みです。キャッシングといえど信用があれば高い金額を融資してくれますし、当然その逆もありえるというわけでその辺は他のカードローンの審査と同じ条件になります。

 

その意味では、たとえばアイフルの審査で通らないという場合とは、既に他の金融業者でキャッシングの利用を申し込んでおり、その返済が滞っている場合や、あるいは同時にアイフル以外のキャッシング業者に申し込みをしている場合などが考えられます。

アイフルの審査では専業主婦は大丈夫?

アイフルは貸金業者の消費者金融ですから総量規制による影響を受けますので収入のない専業主婦は本来申し込む事はできません。しかし総量規制にはいくつかの例外措置があり、その中に配偶者貸付と言うものがあります。

 

 

配偶者貸付では総量規制の範囲を夫婦で合算して超えていなければ貸してもいい


と言う規定なのですが条件があり、

 

 

  • 配偶者の妻との貸し付け契約に対する同意書
  • 配偶者の指定信用情報機関への信用情報提供に対する同意書
  • 夫婦関係証明書類

を回収する必要があるのでほとんどの消費者金融ではこれに対応するローンを設定しておらず、アイフルでも設定しておりませんので収入のない専業主婦はアイフルに申し込む事はできません

 

学生のアイフルなどの消費者金融に申込んだ体験談

学生でカードローンを利用した経緯

 

いくつか有料動画配信サービスを利用してきましたが、今でも解約せずに入会しているのがdTVです。入会したきっかけは何かのメールマガジンで初月無料キャンペーンを開催しているのを知り、申込んでみました。

 

ただ、毎月500円なのでそれほど作品数は多いとは思っていませんでしたし、無料キャンペーンが終了したら解約するつもりでした。ところが月額500円でも他の有料動画配信サービスと同じような品揃えですし、最初は何でこんなに安く利用できるのか不安になりました。ですが、見たい映画がレンタル店に並ぶ頃にはいつもにキャッシングしていた僕が、この500円で見たい放題になっているのです。

 

ちなみにdTVは一部有料になる動画もあります。それでも月に2本の有料動画を見ても1500円程度なので他の有料動画配信サービスと比べても安い方だと感じています。なので金欠の時は所持している学生カードローンで賄っている感じです。

 

見たい動画がない時は無駄なお金を払う必要もありませんし、海外ドラマでも少しずつ見られる点も気にいってます。また、料金の支払いはクレジットカード払いなので手間が掛からない、視聴環境は少し動画を探すのに時間が掛かる感じです。


免許を取るためにアイフルの無利息期間を賢く利用しました

 

私の弟は、今大学生でこれから免許を取ろうと思っているそうです。でも免許を取るとなると、やはりお金が掛かってしまいます。ですので、私たちの母もちょっと弟を教習所に行かせるのを躊躇しているようでした。

 

私の経験からあまりおすすめではないのですが、カードローンを利用していけば、免許もちゃんと取らしてあげれるのではないのかなと進言しました。なぜなら母の場合は10万ほど足りないだけなので、来月にはボーナスもあるので無利息期間を使って30日以内に完済すれば、実質利息ゼロで借りることも可能だからです。

 

母は忙しいですし、弟も20歳を超えておりアルバイトもしているので、学生でも申込めるアイフル弟名義で申込めばいいよとも進言しました。アイフルの無利息期間を使えば、30日以内に返せば金利を確かめなくても大丈夫ですし、しっかり返済計画ができているので安心です。

 

母には申し訳ないですが、できるだけ負担がないような方法で弟の申込という事を納得してもらいました。弟も免許を取っておかなくては、やはりこれから困る事もあるそうなのでちゃんと免許を取ってもらえたらいいのです。

 

就職をする時なども、やはり免許は重要になってくるそうなのです。結局アイフルには30日以内に完済したので金利はゼロ、弟は早めに免許を取ることができたので、便利にアイフルを利用することが出来ました。


今月の給料ではエステ代は足りなかったのでアイフルで借りました

 

この間母に連れられてはじめての、エステ体験をしました。母は結構エステが好きで通っているような所があるそうなのです。そして私もエステを体験したら、エステをもっとしたくなったのです。やはり、お肌違いを感じれた事が大きかったものだなと感じています。

 

これから、エステをできるようにお金が必要だなと思いました。エステを定期的に利用をするためには、結構お金がかかるものです。一番安いコースだとしても、やはり気軽に払えるような金額ではありません。

 

エステを利用して、これから自分を磨けたらいいなと思います。エステを知らなかった私なのですが、やはり経験をしたらいいなと感じてしまいます。シェイプアップにもいいと思うので、これから体験できたらいいなと思っています。

 

そして、周りから変わった部分がわかってもらえたらうれしいです。これからきれいな女性になれるような努力もしていかなくてはいけません。

 

ですがまず先立つものが必要なので、無理のないようにアイフルの無利息期間を利用してエステを始めました。来月は給料も多いので、返済は一括ですから利息は掛かりません。次はいつになるか分かりませんが、支払も少ないのでそう遠くない日であることは間違いないです。