学生がクレジットカードでお金を借りる方法とは?

 

クレジットカードでお金を借りる方法としてはキャッシング枠を設定することで現金の借入が可能になります。このキャッシング枠というものはクレジットカードの限度額内に設定できる枠のことで、

 

 

キャッシングサービスを行っているクレジットカードであればどのカードであってもキャッシング枠の設定が可能になります。


設定する方法としては、新規でクレジットカードを申し込む場合にはその時点でキャッシング枠を設定することが可能となります。すでに持っているクレジットカードの場合は、カード会社に連絡してキャッシング枠の申し込みを行なえば枠の設定が可能になります。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠について

但し、その場合には収入証明書の提出など必要となる書類がありますので、それらを準備しておくことが重要です。クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠で利用できる限度額内に設定されるものとなりますので、

 

 

基本的にはショッピング枠が優先されることになります。


ショッピング枠というのは買い物をした際の支払いに使用できる枠のことで、これは割賦販売法で運用されている枠となります。キャッシング枠に関しては割賦販売法ではなく貸金業法での運用となるため、根本的な運用方法が異なります。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠は幾ら迄利用可能かなぁ・・・


その為キャッシング枠に対しては総量規制の規制対象となりますので、

 

 

  • 年収の三分の一を超える枠の設定は出来ません
  • カード会社が決めたキャッシング枠の限度を超える利用も出来ません

仮にカード全体で100万円利用可能でそのうちのキャッシング枠が30万円だった場合、ショッピング枠として使用できるのは100万円となりますがキャッシング枠は30万円を超える利用が出来ないわけです。

クレジットカードのキャッシング枠の利率と学生がお金を借りる上での注意点

利用可能枠は年収などを精査してカード会社が決めることになりますので、自分の希望した限度額がそのまま適用されるわけではありません。もし他社でのカードローンの借入があれば、それが影響してキャッシング枠の限度額も大幅に少なくなることも有ります。

 

キャッシング枠の一般的な利率としては貸金業法で定められている利息制限法に基づき設定されていることが多いため、

 

 

利率は18%程度になっていることがほとんどです。


その為一般的なカードローンと同じ利率だと考えると分かりやすく、キャッシング枠を利用するメリットとしては既に契約しているクレジットカードでの利用のため、

 

 

  • 新たにカードローンを契約する必要が無いと言う点
  • 返済がカードのショッピング枠の支払いと一緒に行える

という利便性があります。デメリットとしてはキャッシング枠を利用すると

 

 

  • クレジットカードのショッピング枠の利用できる額が減少する
  • ショッピング枠の返済は基本的に翌月一括で返済を行う為併用すると返済額が変動する

カードローンと区別していない為混同する可能性があります。特にショッピング枠の利用が中心である学生がキャッシング枠を併用した場合、月によっては返済が苦しくなることも多分に考えられます。