奨学金はお金を借りる行為と同じなので注意が必要

 

奨学金というものは学生が大学等に進学する時にお金が足りなくて進学できないという問題を少しでもなくす為に作られた制度ですが、これはいわゆる学生の皆さんが背負ってしまう借金なんです。

 

 

これは学校等でも説明会が開かれるほど有名な奨学金の1つです。


この日本学生支援機構の奨学金は大きく分けると2種類あるのですが

 

 

  • 給付の奨学金
  • 貸与の奨学金

になります。また、貸与の奨学金では第1種と呼ばれるものと第2種と呼ばれるものの2タイプに分かれるのですが

 

 

  • 第1種は無利子で貸してもらえる奨学金
  • 第2種は低い金利で貸してもらえる奨学金

になっています。金利がかかるといっても特徴的なのは、在学期間中には借りている分に対する金利がかからず卒業もしくは中退、退学など学校に通わなくなってから金利が発生します。安い金利というのは貸与が終了した年度により異なるので詳しくは言えませんが

 

 

日本学生支援機構の第2種奨学金では年率3%を上限と定めています。


奨学金でお金を借りる為の申込み方法は?

申し込み方法は様々あるのですが、多くの人が利用しているのは高校の時に学校で行われる説明会に参加したり、学校の先生と相談して資料を準備してもらうというものです。資料を提出して機構側から受理される

 

 

  • 奨学生証
  • 奨学生のしおり
  • 返還誓約書

を受け取り記入した後に提出します。奨学金は日本学生支援機構の場合は月に1回振込みにて支給されます。借りることの出来る金額ですが日本学生支援機構では第1種の奨学金場合は借手の条件により固定で例をあげると、

 

 

  • 国立大学に自宅外から通う場合には一律で51,000円
  • 自宅から通う場合には45,000円

といった感じになっています。

 

 

第2種の場合には3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選ぶ


という形になっています。返還方法は簡単で貸与終了後7ヶ月目より銀行口座より引き落としが始まるのでリレー口座と呼ばれる引落し用の口座を決めておくだけです。

奨学金制度のメリットとデメリット

奨学金制度によってお金が足りなくて大学に通えないということや生活費を稼ぐ為にバイトばかりをして学業に集中できないという最悪の事態を回避することができるというメリットもありますが、その反面奨学金という借金であるという事を忘れ、

 

 

お金を借りるという意識で利用していない学生が多いのがネックなのよねぇ・・・


返済に関する意識が低くなる点はデメリットともいえます。奨学金は賞与という返済義務のないものもありますが利用している学生の多くは貸与という返済の義務がある奨学金です。長期に渡り返済する事になるので常に意識しておくことも必要です。