学生が消費者金融業者を利用してお金を借りることができる金額はどれぐらい?

 

現在、消費者金融でお金を借りるための条件には安定した収入があることが第一となりますが、利用する側がどんな職業なのか、あるいはどこで働いているのかという点についてはそれほど重視されません。

 

要は融資を行った結果として、問題なく返済されるであろう見込みがあれば審査には通るということなのですが、では学生の場合はどうでしょうか。学生でも消費者金融でお金を借りることはできますが、

 

 

その場合にもやはり安定した収入が必要となります。


つまり、アルバイトをしていれば学生であってもお金を借りられるということなのですが、ではいくらまでなら学生の場合は借りられるのでしょうか。このあたりについては消費者金融業者によって異なる部分となっています。

 

そのため、具体的に「いくら」というのは難しいところではありますが、一般的な傾向としては「10万円」がひとつのラインとなっているようです。消費者金融が融資を行うかどうかの判断は、

 

 

融資を行った相手が無事に返済してくれるかどうかにあります。


学生の場合、収入源については基本的にアルバイト「のみ」と考えるとその収入は決して多くはありません。中には両親から仕送りや小遣いなどをもらっている学生もいるかもしれませんが、消費者金融業者の審査ではこうした点については「不確定要素」でしかありませんので、学生の収入はアルバイト「のみ」と判断されるわけです。

 

そうなると、必然的に消費者金融業者が融資可能な金額というのも少なくなりますし、総量規制もありますので年収の1/3以上をを希望しても、それより低い額を提示されるか若しくは、審査に落ちてしまうという事になってしまいます。

 

加えてフリーターとは違い学生という立場上、それほどアルバイトばかりに精を出すこともできないため、融資ができる金額としては10万円をひとつのラインと定めている場合が多いようです。

 

 

消費者金融業者としても融資を行った結果返済してもらえないのでは労力とコストが掛かる


だけなので、現実問題として返済可能な金額で融資を行っています。なお、この10万円という金額についても融資を申し込んだ学生の状況によって上下することは言うまでもありません。