アイフルでは専業主婦は申込可能?

 

アイフルのキャッシングローンの利用条件は、満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する者とされているので、基本的に無収入とされる専業主婦は対象外(申込不可)になります。

 

 

ただ専業主婦でもパートやアルバイトでもいいので就職が決まれば申込可能となるので、今は無理でも将来借入できる可能性は大いにあります。


ただし勤続期間が短いのは審査に不利ですし、働くのであれば専業主婦じゃないじゃんってことにもなります。アイフルを含む消費者金融は、貸金業法の規則によって年収3分の1以上の借入は貸し出すことを禁じた総量規制に該当するので、

 

 

収入ゼロの専業主婦はゼロ÷3なので=不可能


それでも専業主婦がどうしてもキャッシングが必要な事態に迫られている時は、総量規制対象外の金融機関を利用するのが唯一の方法でした。

 

 

しかし一部の専業主婦申込可能な銀行カードローンも、配偶者に定期収入があれば無条件で専業主婦の借り入れが許可されていましたが、現在では自己破産者の増加により、専業主婦への貸し出しを行っておりません。


なので残念ながら専業主婦でのカードローンの申込は不可能ですが、アイフルでは継続的にパート勤めに出て、僅かながら一定の収入を得る状態になれば、申込条件をを少なからず満たせるようになります。主婦にとって生活費が困窮を極めた場合は、手軽に直ぐ必要額が借りれるキャッシングは魅力的で、是非1社だけでも契約しておきたいところです。

 

 

もしアイフルのキャッシングについて疑問があれば、女性専用ダイヤルのレディースアイフルが開設されているので、電話代無料という折角のメリットを生かして、遠慮なく問い合わせてみるのも一つの手段ですが、パートをしている主婦なら最適なカードローンは他にもあります。

主婦でもパートで安定収入があれば申込めるカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

本来は専業主婦でも消費者金融でキャッシングできる配偶者貸付とは?

 

配偶者貸付とは配偶者の収入を元に貸付を行う方法で、この方法を用いた場合には

 

 

配偶者の借入と合算して配偶者の収入の三分の一までの貸付が可能になります。


通常収入が無い専業主婦の場合には、アイフルなどの貸金業者には貸金業法の総量規制により、収入が無い場合には一切の貸付が規制されることになります。

 

しかし配偶者貸付に関しては総量規制の例外に当たる貸付となるため、専業主婦でもアイフルなどの貸金業者でも総量規制の規制を受けることなく、消費者金融でお金を借りることが可能になります。基本的に配偶者貸付が適用されるのはアイフルなどの貸金業法下で貸金業を営んでいる業者となり、

 

 

  • 消費者金融
  • 信販系の業者

に関してこの法律が適用されることになります。


銀行に関してはもともと貸金業法ではなく銀行法での営業となるため、総量規制の規制もありませんので、配偶者貸付の適用は無いということになります。

 

では配偶者貸付の適用が可能な消費者金融や信販系のカードローンに実際に専業主婦が申し込みできるのか?というと、

 

 

貸金業法上では配偶者貸付は総量規制の例外にあたる貸付ではありますが、実際には業者側の貸付条件では配偶者と申し込み本人共に収入がある場合のみ配偶者貸付OKとなっている場合が多く、専業主婦が配偶者貸付を利用して貸金業法下で営業をしている業者からお金を借りるということは現実的ではなく、実際には不可能といわざる負えないでしょう。


これは配偶者貸付の場合審査する場合の

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書
  • 配偶者である事の証明書

を準備しなければならない事を総量規制の例外で義務付けられている為


 

手間も増えますし、お金を貸す側の業者のリスクも通常よりも高くなるため、業者側が配偶者貸付を敬遠しているということも理由として挙げられます。そのため専業主婦の場合は配偶者貸付を利用するよりも、銀行のカードローンを利用するほうがよほどお金を借りやすいといえるでしょう。

 

銀行の場合は総量規制の対象外ですし、全ての銀行ではありませんが専業主婦でも利用可能なところがありますので、それを利用すると収入の無い専業主婦でも安心してカードローンの利用が可能になるでしょう。

 

ただしその場合には借入限度額が低いなどの条件がありますのでその点は十分理解した上で利用するようにしましょう。