学生でも融資可能な業者で即日融資が受けられない場合とは?

 

学生が即日融資を受ける場合、特に何も気にしなくても利用可能です。というのは、消費者金融などでお金を借りる場合にはほとんどの場合「即日融資」が基本だからです。即日融資が受けられない場合としては、

 

 

高額の融資を申し込んだ場合や審査不可能な時間帯に申し込んだ場合などがあります。


学生の場合、収入の金額については決して多くはありませんので高額融資のために審査に時間がかかるといったことはおそらくないでしょう。

 

後は申し込む時間帯にだけ気をつければ、消費者金融で融資を受けること自体はある意味簡単にできると思われます。しかし、こうした状況であっても即日融資が不可能なケースがあります。即日融資が受けられないケースのひとつは、

 

 

「申込内容に不備があった」場合です。


特に学生に多いのが「身分証明書」の不備ではないでしょうか。運転免許証を持っている学生は決して珍しくはありませんが、その免許証の有効期限が切れているというケースも珍しいものではありません。

 

いくら免許証に登録されている写真が本人であったとしても、有効期限が切れている免許証は身分証明書としては無効です。そのため、本来ならば即日融資が可能な状況であったとしても

 

 

本人確認ができないという理由で審査に通らないといった結果になってしまいます。


次に即日融資が受けられないケースといえるのが、いわゆる「借りすぎ」です。学生であってもアルバイト・パートでお金を借りる場合で安定して収入を得ている状態であればお金を借りることができますが、それでも借りることができる金額には上限というものがあります。

 

学生への融資が可能な業者であったとしても、その際に融資可能な金額は決して多くはないのが現状であり、既に借りられる上限まで利用している状態であれば融資は不可能となります。

 

社会人であれば高額融資の場合は収入証明の提出などで可能な場合もありますが、学生については返済能力の関係からそれほど高額の融資が受けられない場合がほとんどなので、借り過ぎには十分注意しましょう。