パートの人がアイフルを利用するなら勤続期間に注意しよう

 

パートで収入を得ている人がアイフルでお金を借りる場合、ポイントとなるのは「勤続期間」です。これについては特にパートに限ったことではなく、

 

 

たとえ会社員であったとしてもまだ入社して間もない頃にアイフルの申し込みをしても融資を受けることができる可能性は低いといえます。


にもかかわらず、アイフルがパートの「勤続期間」を重視している理由はパートという立場が、

 

 

会社員などに比べて「不安定」な雇用状態であるという点にあります。


もちろんパートといえど、簡単に解雇することができないのが現状ではありますが、パートでキャッシングの利用に際しては「信用」が大きく関係してくることから、正社員として働く人に比べれば審査では不利な立場にあることに変わりはありません。

 

そのため、パートの人がアイフルに申し込むにあたっては、できるだけ長い期間その職場で勤務しているという状態で申し込むことが望ましいといえます。これは、「パートとして働いているトータルの期間」というわけではなく、

 

 

「同じ勤務先で働いているトータルの期間」という意味です。


パートとして長期間働いているのはともかく、職場を転々としている人についてはアイフルとしても信用することが難しく、融資の実行にも影響を及ぼす可能性があります。

 

また、これがたとえば勤務先の倒産やリストラなどのように自身の都合ではない転職だったとしても、アイフルにとっては審査における材料が好転するということもありません。

 

こうした背景から考えると、パートの人がアイフルを利用するのであればできるだけ長い期間同じ勤務先で働いているという状況が審査でも好材料となります。具体的には1年以上は同じ勤務先で働いていることがアイフルの利用に際しては望ましいといえるでしょう。

 

もちろん実際にアイフルで借りる金額なども審査では影響してきますが、それ以前に返済能力を測るという意味では勤続期間も無視できないということになります。パートと同様にアルバイトでのの審査では同じような項目が重要視されます。

 

 

収入のない専業主婦は消費者金融には申込めませんのが、配偶者貸付を適用している消費者金融なら申込めます。ただし、その際は旦那さんに内緒で申込む事は出来ませんので、しっかり選ばないと夫婦関係に亀裂が生じる事態になりかねないよう相談が必要です。