アイフルでおまとめローンは申込める?

他社からの借り換えローンを使いたいとお考えの方にはアイフルの「おまとめMAX」というおまとめローンがあります。

 

 

  • 銀行系以外の貸金業者からのキャッシング債務
  • ショッピングのリボ債務

などが対象となりますので、復数の債務を抱えている方でも安心です。

アイフルおまとめローンの金利ってどう?

アイフルの「おまとめMAX」なら年利は最大で15%です。

 

 

金利15%って安いのかなぁ?


例えば公式ページに3件で総額180万円を30日間借入れた場合にアイフルの「おまとめMAX」を利用すれば差額2,958円(2016年2月調べ)とあります。ですが、借入状況によっては更に差額が小さくなる可能性も含んでいる為、

 

 

全ての条件でメリットがあるとは言い切れないです。


なので、利用をお考えであれば実際に自身が抱えている複数借入の利息額を緻密に計算してから検討する必要があります。金利を重視するのであれば、一般的に銀行のカードローンの方が低く設定している為そちらを検討するほうが賢明です、

 

例えば、三井住友銀行カードローンの場合は借換えやおまとめも可能ですし、前述の総額180万円のおまとめの場合の金利の上限が12%に設定されているので明らかにアイフルよりも損せずに返済できます。高額の借入では3%違えば利息額では大きな差となります。

総量規制は大丈夫なの?

本来であればアイフルは消費者金融なので借入したい金額の合計が年収の3分の1を超えている場合に総量規制の対象となり、借り換えは不可能と判断する方も多いようですね。

 

 

おまとめローンは総量規制の対象外です。


ですから、「おまとめMAX」でも年収の3分の1を超える融資は可能です。通常、総量規制では年収の3分の1を超える融資はできないのですが条件によっては対象外となるケースがあるのです。

 

総量規制には例外があり、その貸付条項の中には顧客に一方的に有利になる借り換え、そして段階的に債務を減らす借り換えについては合計で年収の3分の1を超える負債の借換えやおまとめローンは認められているのです。

 

 

消費者金融でもおまとめローンなら年収の3分の1以上の融資も可能なんだぁ・・・


復数の債務をまとめることで返済金利及び返済総額の軽減を目的とした「おまとめMAX」はそれに該当します。「おまとめMAX」はおまとめローンとしての条件は満たしているので顧客の観点から見れば安心して使える融資です。

 

勿論、他社からの借り入れを証明する書類や安定した収入がある方が対象であることが前提でしっかりと審査が行われます。担保も連帯保証人も不要で契約金額が最大500万円まで設定されているのはアイフルならではと云えます。

 

確かに「おまとめMAX」の利用が可能となり、復数の債務の返済がアイフルに一本化されれば理想ですが、必ずしも金利や返済総額が軽減されるとは限らない事を理解してから検討するべきです。